雑文

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国語力

 ゆとり教育のせいで日本の子供の学力が低下している、ということがOECDのテストで明らかになったのは先日ですが、今度は岩波書店の調査で「児童の国語力が低下している」と実感している教師が九割に上った、という結果が出たそうです。

 なにをいまさら。当たり前にも程がある。

 そもそも「ゆとり教育」なんてものを導入した時点で学力低下は目に見えた結果だったんじゃないですか、それを実際に数字が上がってきていまさら慌てるっていったい何事なんですか、と。知識と頭の良さは別といいますが、因果関係がゼロだと思っているとすればそれはよほどのお馬鹿さんでしょうに。

 授業の時間が少なくなる、知識が減る、学力が下がる。これはまったく当たり前のことです。それどころか頭だって悪くなるに決まっている。なぜか。「考える方法」は「知識」だからです。天才は除くにしても、一般人の思考の方法は過去に当たるのが極めて一般的で妥当なものでしょうに。

「数学なんて大人になったら使わないよ」という中二病的発言を本気している人もたぶん少なくはないんでしょう。なぜそれが「いま子供である」彼らにわかるのか、私にはまったく理解できない。それは「数学を使わない人生」を選択することは可能でしょう。ただ、それは同時に「数学を使う人生」を歩む可能性を中学生の段階で捨ててしまうことを意味する。もっと言えば数学を使わない人生なんてほとんどない。使わなくてすむことはあったとしても、使っていればより良い結果を得ることがほとんどです。

 そもそも学問の基礎は言語にある。国語を知らない人間がどうして社会を論ずることができるものか。ただでさえ読書離れが叫ばれているのだから、せめて教育で国語を愛してあげてほしいと思う。

 もっとも、私も広い意味では「ゆとり教育」に含まれた世代なので、偉いことは言えない。でも私は周りの同年代を見て、尊敬するよりがっかりすることのほうが多い。どうしてこの人たちはこんなことさえ知らないんだろうって。

 向上心、向学心がないひとは、私は好きじゃない。そう思うのです。

 coccoの新曲「ジュゴンの見える丘」が非常に良い感じです。なんで売れないんだろう。
スポンサーサイト

コメント

 とうとう吉本ばななにはまってしまいました。あーあ。「キッチン」と「白河夜舟」の二冊をとりあえず買って(守銭奴の自分にはあの薄っぺいのを買うのは結構勇気が必要でした)読んだんですが、悔しいかな、はまってしまった。何だこの無意味な悔しさは。
 ゆとりの自分からは数学については何も言えません。数学のテストをパイン飴かじりながら解く奴には何も言わないでやってください。好きなんだけどな、数学。
国語の時はチェルシー舐めてたから以下省略。模試は良いのに、中間の国語が悪いってどういうことなのか。
 
 本題。coccoの「ジュゴンの見える丘」聞きました。
 個人的には表題曲(って言うのか……何かこれが恰好良い言葉に思える自分は素晴らしい中二)よりもカップリングの「never ending journey」の方が気に入りました。裸足っていうのか、何だろう、凄く丸裸の曲、っていう印象。上手く言葉で言い表せないんですが、いいじゃん、journeyじゃん、みたいな感じですぐに気に入りました。音楽IQは低いですが、うん、この曲はとても好き。とりあえずこれ一本で何か書けそうだなあ、みたいな感じです(笑) 表現力が足りない。でもこの曲凄く好き。

 とりあえずそれだけ書きたかったので足跡残しました。
 それ以上の意味があろうか、いやない。

  • 2007/12/14(金) 22:47:37 |
  • URL |
  • Raise #rzVhfMJo
  • [ 編集]

お久しぶり

 こんにちは。お久しぶりと言うべきでしょうか。バーニングさんです。昔は暇をつぶしていたあの人です。
 何度かここに立ち寄ってコンタクトをとろうと思ったんですがうまくいかなかったのでコメントという形で。

 ええ、オタクの文章は面白かったです。盗作についての文章に反応しようと思いましたが時間がなくて申し訳ない。
 国語力云々以前にこの国の教育は(教師ではなくて)腐ってると思いますよ。愛国心のことに関しても。
 以前読書感想文の課題がより子どもから読書を遠ざけてる、っていう話を聞きました。読書=やらされる+感想を強制される、っていう図式が出来上がるから、だとか。
 小学生の時分は俺もこうだったと思います。自分から読もうと思って読んだ本じゃないと、つまらないし心から楽しめない。
 読書っていうフィールドをどうやって提供していくかが国語力養成に繋がるんだろうなーと思うので。
 あと、”私は周りの同年代を見て、尊敬するよりがっかりすることのほうが多い”にはうなずけるかも知れない。ちょっと違うかも知れないけど、中学レベルの漢字を知らない書けない人が身近に多いのは確かなんで。

 ここからがコンタクトをとろうと思った目的なんですが、「Novel」の中で欠けているとされている『月照道』のSide:heを所有しています。
 よろしかったらメールで送ろうと思いますので。

 ではでは。そういえばバンプのアルバムはもう聞かれましたか?なかなかの出来ですよ。相変わらず凝ってるというか。

>Raiseさん
 否定しないけど、個人的にはばななはそれほど好きじゃないよ。個人的なベストを三つ挙げるなら基本としての『キッチン』、寄り道としての『TUGUMI』、成熟としての『デッド・エンドの思い出』になる。
 高校までのいわゆる「現代文」の授業とかテストがあてにならないのはもちろん、模試の成績ですら「国語力」とは無縁だと思っているので気にしないでいいんじゃないかなーとか。なにしろ教師が私より本を読んでいなかった。というか日本中の国語教師の半分は私より本を読んでいないと思う。そんなレベルの授業に意味などない。教科書も馬鹿みたいにやわらかくなってるし。漱石と鷗外が外れて辻一成と俵マチですからね。呆れるほかない。

「never ending journey」は「きらきら」っていうアルバムにも入っているので、そっちで覚えてしまうくらい聴きました。私も大好きです、あの曲。というかいまの日本のひとであれくらい深い言語世界を展開できるソングライターはいない。もちろん音もそうなんだけど。
 私もむかしcoccoの世界観を拝借して短篇を構築しようとしたことがありました。三枚くらい書いて挫折した。あの豊饒な感覚のきらめきに私の言語感覚はついていけなかった。いまなら、と思わなくもないけど、怖いからやめておく。

>バーニングさん
 うわー、お久しぶりです! お元気でしたでしょうか?
 サイトやメールは結構放置しちゃていたので、その時期にまぎれてしまったのかもしれません。ごめんなさい。ごめんなさい。
 オタクにせよ盗作にせよ国語力にせよ、思いつきで偏見をぶちまけているだけですので、意味があるかというとあやしいです。ごめんなさい。

 私は読書というのは読んで完結するべきものじゃないと思ってるんです。わからなかったならわからなかったでいい、ひと言でもいい、内容なんか考えなくてもいい。ただ読んだとき、読み終わったときに自分のなかに出てきた感覚は必ず感想として言葉にするべきだと思うんですよね。それが文章であれば理想ですけど、無理なら友達や家族に報告するだけでもいい。そこまでしてはじめて「一度目」の読書が終わると思うんです。
 だから個人的には感想文を書かせるのは反対じゃないんですよね。それが「強制力」を生み出してしまうという弊害は認めるにせよ。
 望んで読書に挑み、感動し、自発的に理解を書き付ける。そういう行為が日常的で一般的になる世界があれば私はどんなに幸せだろう思います。

 本題の『月照道』、是非お送りいただきたいです、はい。年明けくらいにサイト本体もちょっと手を入れようと思っているので、とてもありがたいです。よろしくお願いします!
 バンプのアルバムはまだなんです。早めにチェックしますねー。

  • 2007/12/25(火) 16:44:45 |
  • URL |
  • 朱空 #JalddpaA
  • [ 編集]

月照道

 年末のうちにakaihaneのアドレスに送りましたが、届きましたか?
 ワードに落とした際変なところに何カ所かスペースが入っているので確認お願いします。

 「ストーリーテラー」のほうで短編をいくつか読みました。いくつか、と言ってもコンテスト投稿作だけですが。
 第五回以降の投稿は内容以上に楽しめました。どんどん作風が広がってるなあと感じたので。
 『睡蓮の蜜』のくどさは、俺は好きですよ。というか、くどくないと全体を流れる重低音の空気は出せないと感じたので、なおさら。
 小説という媒体を生かし切ったという感じですね。最初から映像を出されても納得するのは無理でしょう。文章を追う中でゆったりと構築される。その感覚が心地よかった。
 幻想的というか超現実的で、ゆるりゆるりと滅びへと向かう話の流れそのものも雰囲気と非常に合ってる。
 確かに読み手を選ぶかも知れないけれど、小説を書くことに対する思い入れの強さを十分に感じました。

 ではでは。  

  • 2008/01/07(月) 00:43:48 |
  • URL |
  • バーニング #JHqUcX.s
  • [ 編集]

こっちでも言ってみよう

 な、懐かしい。バーニングさんにはKirasの方でよく褒めていただいたのを覚えています。バーニングさんがまだ覚えているかどうかは別にして、あの頃はほんとうにありがたかったです。感謝しています。
 いやあ、ほんと、懐かしいなあ。
 

  • 2008/01/16(水) 02:43:49 |
  • URL |
  • Bonkura #mQop/nM.
  • [ 編集]

>bonkuraさん
 遅ればせつつ。
 「ヴァンとビアンカ」で有名な作者さんですよね?
 もちろん覚えてますよ。書かれていた文章はしっかり保存してますし。 
 栄枯盛衰。懐かしく感じるのは、栄の時代を知っているからこそ。書き手が減っちゃってしまった以上、もう無理なんだろうと思うとなおさらでしょうね。
 また書かれるようなら楽しみにしていますよ。サイト自体はずっと足を運んでいるもので。

 紅烏さん
 ストーリーテラーのほうで「崩落の村」の連載読んでます。
 短編のときに比べると世界観は保ちつつも非常に読みやすくなってる。人々の息づかいが身近に感じられる。戦争の中に悲恋を絡めるのはずるすぎる。
 心理描写にひどく字数を割いてるけど、そのことによって読みづらさや展開の遅さは感じません。キャラがしっかり立ってるから(ユーリル以外は)群像劇としての読みがいがあって楽しい。
 紅烏さんのドラクエは面白いなーと再改めて思いました。原作はプレイしてないんだけど。
 
 日記も書いてくれたら嬉しいかな、とかとか。

  • 2008/02/14(木) 23:54:33 |
  • URL |
  • バーニング #JHqUcX.s
  • [ 編集]

バーニングさん
覚えていてくれましたか。嬉しいです。いまや自分でみるとうんざりするほどに稚拙な作品を保存していていただけるとは光栄です。
ちなみに、ストーリーテラーのドラクエ板で新規に書き直してます。よければまた読んでください。紅烏さんをうんざりさせるアレな作風だけは変わってませんw
紅烏さん
日記を楽しみにしてたりします。はい。

  • 2008/02/17(日) 00:34:35 |
  • URL |
  • Bonkura #mQop/nM.
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akaihane.blog73.fc2.com/tb.php/6-0e97efdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。