雑文

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国語力

 ゆとり教育のせいで日本の子供の学力が低下している、ということがOECDのテストで明らかになったのは先日ですが、今度は岩波書店の調査で「児童の国語力が低下している」と実感している教師が九割に上った、という結果が出たそうです。

 なにをいまさら。当たり前にも程がある。

 そもそも「ゆとり教育」なんてものを導入した時点で学力低下は目に見えた結果だったんじゃないですか、それを実際に数字が上がってきていまさら慌てるっていったい何事なんですか、と。知識と頭の良さは別といいますが、因果関係がゼロだと思っているとすればそれはよほどのお馬鹿さんでしょうに。

 授業の時間が少なくなる、知識が減る、学力が下がる。これはまったく当たり前のことです。それどころか頭だって悪くなるに決まっている。なぜか。「考える方法」は「知識」だからです。天才は除くにしても、一般人の思考の方法は過去に当たるのが極めて一般的で妥当なものでしょうに。

「数学なんて大人になったら使わないよ」という中二病的発言を本気している人もたぶん少なくはないんでしょう。なぜそれが「いま子供である」彼らにわかるのか、私にはまったく理解できない。それは「数学を使わない人生」を選択することは可能でしょう。ただ、それは同時に「数学を使う人生」を歩む可能性を中学生の段階で捨ててしまうことを意味する。もっと言えば数学を使わない人生なんてほとんどない。使わなくてすむことはあったとしても、使っていればより良い結果を得ることがほとんどです。

 そもそも学問の基礎は言語にある。国語を知らない人間がどうして社会を論ずることができるものか。ただでさえ読書離れが叫ばれているのだから、せめて教育で国語を愛してあげてほしいと思う。

 もっとも、私も広い意味では「ゆとり教育」に含まれた世代なので、偉いことは言えない。でも私は周りの同年代を見て、尊敬するよりがっかりすることのほうが多い。どうしてこの人たちはこんなことさえ知らないんだろうって。

 向上心、向学心がないひとは、私は好きじゃない。そう思うのです。

 coccoの新曲「ジュゴンの見える丘」が非常に良い感じです。なんで売れないんだろう。
スポンサーサイト

前回タイトルつけるの忘れた

 留守にしていたのと私事がごたついていたのとで、ここ一週間ほど資料を漁ったりする以外に本気でネットに繋いでなかったのですが、久しぶりに一日が二十四時間であることを発見しました。え、なに、ニコニコとかmixiとかがないとこんなに時間って使えるんだ! と思った。

 一気呵成に溜まっていた雑事を片付けたので、いまはちょっと息がつけるようになりました。これくらい神様なら一瞬で終わらせる仕事なんでしょうけれども実は私は神様ではないのでこんなに時間がかかりました。いままで黙っててごめんね。

 ということでまた12月がやってきました。びっくりする。時の速さにびっくりする。このまま行くと明後日には来年になってるんじゃないか、という気さえする。まだなにもしてないのに今年が終わるなんて……。理不尽だ!

 毎年この季節になると焦るんですが、なにに焦っているのかの正体がわからないので結局は「また来年頑張ろう」で終わります。

 じゃあ、また来年頑張ろう。

 最近の小説では伊坂幸太郎の新刊と乙一の新刊がおもしろかったです。あとケアルックの『オン・ザ・ロード』の新訳。ちくまがいまさら日本近代文学全集文庫なんか出し始めたのでそこらへんも読んでます。収録作品の七割以上既読なんだけど。芥川とひゃっけんは読む価値がある。尾崎翠もいいなあ。漫画ではリアルの七巻がすばらしかった。あと萩尾望都の完全版シリーズが良すぎる。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。